家族の時計は歴史を感じます

PR | アクセサリーメーカーを品質で選ぶなら |

手元に光るシャネルなどのブランド腕時計でその人のセンスが垣間見られます。僕の奥さんは結婚した時からロレックスをはめています。ダイヤの入った結婚指輪との相性もよく、白いシャツにジーンズというラフなルックスのときでも腕に光るロレックスはそれだけでドレスアップしてくれる名品です。

飾らない衣装のときこそロレックスはそのすばらしさを発揮してくれるのだな、と妻の手元を見ていつも納得しているのですが、それは自分にも置き換えていえることです。

僕はドレスアップして会社のパーティーに出かけるときにはお気に入りのオメガのスピードマスターをつけることにしています。さりげないですし、使いやすいというのが気に入っているポイントです。

時計で競ったりすることのないように心がけるのもマナーだと思っています。
しかし、人の手元はやはり気になります。センスがはっきりとわかるからです。社長はやはり誰よりも良い時計を意識してつけているように思います。

ロレックスのゴージャスなタイプを身にまとってもよい存在ですからそれもまた羨ましいのが本音です。そんなときに、父親が時計を新しく購入したいのだと百貨店へ出かけていきました。どんな時計を持って帰ってくるのかと楽しみにしておりました。

父親がずっと使っておりますのはオメガのデビルです。前にはやったのか、デビルを持っておられる男性はかなり多いでしょう。しかし、かえって来た父親が持っていました箱は女性用の箱でした。ロンジンの華奢な箱からはかわいらしいさくら色の文字盤の時計が現れました。

母親にプレゼントするのだと、午後のお茶の時間に家族に披露してくれたのです。母親も僕も意外なプレゼントに驚きました。

そういえば、母親のコンステレーションが止まってしまったままだったのを思い出しました。父親はそれを覚えていて、このクリスマス時期に新しい時計をプレゼントしようと思って出かけて行ったに違いありません。そして、時計売り場の女性にどの時計が良いのかを相談している姿が目に浮かぶようです。

PR|お家の見直ししま専科SEOアクセスアップ相互リンク集住宅リフォーム総合情報マッサージのリアル口コミ.com健康マニアによる無病ライフ工務店向け集客ノウハウ内職 アルバイト|美容と健康女性ランキング|会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|ゴミ屋敷解消Q&A|エステサロンを上手に利用する情報サイト|女性のための薄毛治療研究会|